NEWS

ベルギーとイギリスのテクノシーンを代表するDJ兼プロデューサーの「MARCO BAILEY」と「MARK REEVE」が2019年11月16日(土)に渋谷Sound Museum Visionへ出演!!

ALIVE PRESENTS REBOOT FEAT. MARCO BAILEY / TECHVANE FEAT. MARK REEVE, JUHEUN - Q'HEY Birthday Bash -

ワイルドでディープなテクノサウンドで日本をはじめ世界でも圧倒的人気ぶりを示しているファンを魅了し続けているMARCO BAILEY(マルコ・ベイリー)と、Awakenings、Space Ibiza、Fubrik Madrid、Rex Clubなどの世界的フェスでも人気沸騰中で、多くのステージを熱く盛り上げているMARK REEVE(マーク・リーブ)が2019年11月16日(土)に渋谷Sound Museum Visionへ出演する。

MARCO BAILEY(マルコ・ベイリー)

生きる伝説ことMARCO BAILEY(マルコ・ベイリー)はDJ兼プロデューサー。80年代に、出身地であるベルギーでダンスミュージックの魅力に心奪われてからというもの、それ以来人生を音楽に捧げてきたといっても過言ではない、まさに天才&実力派アーティスト。

1998年頃からテクノトラックの製作をスタートし、2001年に自身のレーベル「Elektoronics」を設立。それ以降は自身の楽曲はもちろんのこと、Reahead、Christian Varele、Tom Hadesなどのトラック制作を手がけ、コラボ曲のリリースも次々とヒットを飛ばしてきた。その腕前は世界的にも称賛され2004年から連続でベストDJ1位に輝き、人気実力共に高いステージへと登り詰めた。2005年には「Metamorphose」に出演を果たしている。

また、親日家としても知られるMarcoは日本が誇るハードテクノDJ Q’Heyとも親交が深く、自身のベスト・ギグは東京でのプレーだとコメントするほど!2007年にクラブAgehaにてライヴ録音したミックスCDも当時大きな話題を呼んだ。

2008年は2度目となる「WIRE」への出演を果たすなど、日本国内においてさらに圧倒的存在感を見せ付けている。その後2014年に新しいレーベル「MER Limited」を設立。翌2015年にはツアーイベント「MAERIA」をスタートし世界各地を盛り上げている。

2017年にはMATERIAの音楽コンセプトをもとにしたレーベル「MATERIA」も立ち上げており、DJ・プロデューサーとしての絶対的地位を確立していると言えるだろう。最近では、ディープなエレクトロよりオサウンドも展開しているMarco。彼のごりごりの男気溢れるステージに期待するファンが多い。

MARK REEVE Biography

Marco Bailey feat. Blake Baxter - Submit Yourself To Me (Original Mix) [MB Elektronics]

Marco Bailey - Rektor (Marco Bailey Re-Edit) [MATERIA]

Marco Bailey - Acid Dragon (Original Mix) [MATERIA]

MARK REEVE(マーク・リーブ)

イギリスが誇るテクノシーンの重鎮であるMARK REEVE(マーク・リーブ)は、わずか12歳の若さで音楽の世界に魅了され、当時テクノフィーバーだったロンドンでハード・テクノサウンドにのめり込んでいった。

16歳の頃にはクラブDJとしての活動をスタート。その後ドイツに移りあらゆるクラブで経験を積み、独自のグルーヴィーなリズムとヒップスウィングなビートで音楽スタイルを極めてきた妥協知らずの実力派だ。

2011年にCocoon Recordingsから初のEPをリリースし、レーベルのボスSeven Vathをはじめ多くのメンバーからリスペクトを受け、中でも「Daybreak On Mars」と「Lichtkleid」のヒットが話題を呼んだ。2015年には、彼のナンバーワンヒットとなるDrumcode Recordingsからの2枚目のEPがリリースされ、Beatportチャートで第一位に輝きいっそうトップDJとしてのキャリアに磨きをかけた。

それ以降もCocoonをはじめDrumcodeやSoma、Bek Audio、Trapez、などの名門レーベルから次々とトラックをリリースし、またExtrawelt、Dusty Kid、Justin Berkovi、Dosem、Sian、Marco Baileyなどのビッグネームらのトラック制作を手がけるなど、プロデューサーとしても幅広い活躍を見せている。

テクノシーンで完全に確立されたMarkは現在AWAKENINGS、Space Ibiza、Fubrik Madrid、Rex Clubなどのビッグフェスにも登場し、世界中のステージで激しいドライブビートとスリリングなDJセットを披露している。彼の情熱的なハードテクノサウンドをぜひ生で体感してほしい!

MARK REEVE BIOGRAPHY

Adam Beyer & Mark Reeve - Nine Of You (Original Mix) [Drumcode]

Mark Reeve - Let Go (SubVision)

Enrico Sangiuliano - X-Pollination (Mark Reeve Remix) [Unrilis]

イベントタイトル

ALIVE presents REBOOT feat. Marco Bailey / TECHVANE feat. Mark Reeve, Juheun
– Q’HEY Birthday Bash –

開催場所

・2019年11月16日(土)
渋谷 Sound Museum Vision

料金

1000YEN – Before 23:00 / Under23
2000YEN – Before 24:00 / ADV TICKET
2500YEN – FB DISCOUNT
3000YEN – DOOR

◉Zaiko
https://vision-tokyo.zaiko.io/_item/320097

◉i FLYER
https://iflyer.tv/event/320097/

◉clubberia
https://clubberia.com/ja/events/288897/

◉RA
https://jp.residentadvisor.net/events/1335350

◉FB DISCOUNT
https://www.facebook.com/events/708879072949635/

《 Facebookイベント参加 》で500円オフ!

参加するボタンでディスカウント登録完了です。
※当日エントランスにて参加画面をご提示ください。

Join the event for ¥500 off!

Click《Join》and you are on discount list.
※You must show your mobile phone screen of joined event page at the entrance.

《MUST BE 20 OR OVER WITH PHOTO ID TO ENTER》
本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。

イベント詳細

ALIVE PRESENTS REBOOT FEAT. MARCO BAILEY / TECHVANE FEAT. MARK REEVE, JUHEUN- Q’HEY Birthday Bash –

イベントフライヤー

GUEST ARTIST

WRITING

更新日時:2019/11/02

※免責事項

BACK TO LIST