MUSIC NEWS

《 ベルギーが生んだ奇跡の世界的スーパースターDJ「Charlotte de Witte(シャーロット・デ・ウィット)」が1年を経て東京に帰って来る!また、新世代テクノ最重要人物「Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン)」も2019年9月6日(金)に渋谷Sound Museum Visionへ来日!! 》
Tuesday, 20 August 2019
《 ベルギーが生んだ奇跡の世界的スーパースターDJ「Charlotte de Witte(シャーロット・デ・ウィット)」が1年を経て東京に帰って来る!また、新世代テクノ最重要人物「Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン)」も2019年9月6日(金)に渋谷Sound Museum Visionへ来日!! 》
“ベルギーが生んだ奇跡の世界的スーパースターDJ「Charlotte de Witte(シャーロット・デ・ウィット)」が1年を経て東京に帰って来る!また、新世代テクノ最重要人物「Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン)」も2019年9月6日(金)に渋谷Sound Museum Visionへ来日!!”

Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット)は美形な顔立ちと力強いテクノサウンドのギャップが魅力の数少ない天才女性DJ。
2011年にPottonとTomorrowlandが主催するイベントで優勝してからというもの、わずか数年で急速な成長をとげ、数多くの大舞台に立ちフロアを熱狂させてきた。

かつて「Raving George」の名で活動し2013年~2015年までの2年間で多くのヒット曲をリリースし、現在のCharlotte De Witteとして2015年にレーベルTurboからデビューを果たすとOFF Recordings、Mute、Novamuteなどからも次々とリリースを重ね、その名を轟かせた。

2018年に渋谷で開催された「REBOOT」にゲストとして登場した際には、日本のクラブ史上で大きな歴史を刻む熱い一夜となった。最近では、Tomorrowland、AWAKENINGS、Time Warpなどの世界的ビックフェスを始め、全世界のトップステージで彼女の名が飛び交うほどのトップDJへと登り詰めた。

また、当日はChris Liebing(クリス・リービング)の後継者として、テクノ界の新世代最重要人物と称される、インダストリアルサウンドの気鋭レーベル「47」のTommy Four Seven(トミー・フォー・セブン)も来日する。

Charlotte de Witte at Ultra Miami 2019 (Carl Cox x Resistance Stage)


Charlotte de Witte - Closer (Original Mix) [Mary Go Wild Black]


Tommy Four Seven Live From #DJMagHQ


革新とリバイタルを繰り返すテクノミュージック界の中心に立つ二人の胸に刺さるテクノサウンドは生で体感せずにはいられない。

イベントタイトル ALIVE presents REBOOT feat. Charlotte de Witte, Tommy Four Seven
開催場所 渋谷Sound Museum Vision
開催時間 2019年09月06日(金) 22:00 -
料金 2000YEN – Under23 / Before 23:00
2500YEN – Before 24:00
3000YEN – ADV TICKET(8/12〜)
3300YEN – FB DISCOUNT
3800YEN – DOOR

◉Zaiko
https://vision-tokyo.zaiko.io/_buy/1kto:4ey:34d4f

◉RA
https://www.residentadvisor.net/events/1300019

◉e+
https://eplus.jp/sf/detail/3058730001

◉FB DISCOUNT
https://www.facebook.com/events/1357702327717499/

《 Facebookイベント参加 》で500円オフ!
参加するボタンでディスカウント登録完了です。
※当日エントランスにて参加画面をご提示ください。

Join the event for ¥500 off!
Click《Join》and you are on discount list.
※You must show your mobile phone screen of joined event page at the entrance.

《MUST BE 20 OR OVER WITH PHOTO ID TO ENTER》
本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。 年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。
ゲスト アーティスト Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット)
Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン)
イベント詳細 “ALIVE presents REBOOT feat. Charlotte de Witte, Tommy Four Seven”@ SOUND MUSEUM VISION
イベントフライヤー “ALIVE



■ARTIST
Special Guest
・Charlotte De Witte
Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット) website Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット) Wikipedia Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット) twitter Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット) FaceBook Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット) instagram Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット) Soundcloud Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット) Youtube Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット) spotify

Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット) ・Biography
Charlotte De Witte(シャーロット・デ・ウィット)は1992年7月21日生まれ、ベルギー・ヘント出身のテクノ/エレクトロを得意とする女性DJ兼プロデューサー。音楽業界で働く父のもとで育ち、10歳の頃にはロックに目覚めLaisの大ファンとなった彼女は、高校時代に音楽を学び17歳でDJを始め、19歳で「Raving George」な名でデビューを果たす。当初はエレクトロとEDMをプレイし、2011年のTomorrowlandのコンテストで優勝を飾り大ブレイクを果たした。2015年に本名である「Charlotte De Witte」に名前を変更し、よりストレートなテクノブランドへと切り替わっていった。そこからどんどんと彼女のキャリアを確立し、レーベルTurboからのEP「Weltschmerz」がリリースされ更に人気を博していいった。その後はTomorrowlandやAWAKENINGSなどの著名なフェスにも出演を重ね、2018年に渋谷で開催された「REBOOT」にもゲスト出演を果たしフロアを熱狂させた。今や全世界のクラブやフェスを飛び回り、多忙を極める奇跡のスーパースターとなった彼女の今後の躍進に期待が膨らむ。
・Tommy Four Seven
Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン) website Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン) FaceBook Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン) instagram Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン) Soundcloud Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン) spotify

Tommy Four Seven(トミー・フォー・セブン) ・Biography
イギリス生まれの現在ベルリンを拠点に活動する DJ / Producer / Sound Designer の Tommy Four Seven (T47) 。新世代のテクノアーティストとして最重要人物である彼は、ディープで妥協の無いサウンドがトレードマークだ。若くしてDJキャリアをスタートした彼は、17歳から Fire Club のレジデントとして2年間パーティを主催し、ロンドンの伝説的クラブ Fabric や The End 、 Turnmills などで活動してきた。早くからトラック制作にも興味を持ち、 David Duriez のレーベル「Brique Rouge」や「Kill Brique」からのリリースを経て、 Tommy Four Seven 自身のレーベル「Shooting Elvis」を立ち上げる。ロンドンでエンジニアリングを学んだ後、 Tommy はベルリンへと移住した。強靭でムーディーかつヒプノティックな作風のヒット作、2009年 Speedy J のレーベル「Electric Deluxe」からリリースされた "Surma" や、2010年「CLR」からリリースされた "Sor" などのリリースから、着実に功績をあげていった。そして、忘れてはならないのが Chris Liebing とのプロジェクト 『Bauhaus』 だろう。プロダクションに対する Tommy の徹底した精神が紡ぎだした作品が、2011年3月に「CLR」からリリースされたファーストアルバム『Primate』だろう。Tommy Four Seven を語るには欠かせない傑作である。
参考・画像
Charlotte De Witte Facebook
Tommy Four Seven Facebook
TOMMY FOUR SEVEN | clubberia クラベリア

GUEST

EVENT