MUSIC NEWS

《 オーストラリアが生んだ若きバウンス界の王子ことWill Sparks(ウィル・スパークス)が6月01日に銀座PLUS TOKYOへ出演決定!! 》
Thursday, 23 May 2019
《 オーストラリアが生んだ若きバウンス界の王子ことWill Sparks(ウィル・スパークス)が6月01日に銀座PLUS TOKYOへ出演決定!! 》
“オーストラリアが生んだ若きバウンス界の王子ことWill Sparks(ウィル・スパークス)が6月01日に銀座PLUS TOKYOへ出演決定!!”

オーストラリアが生んだ若きバウンス界の王子と呼ばれるWill Sparks(ウィル・スパークス)が、銀座一丁目にある商業施設キラリトギンザに都内最大級のミュージックラウンジPLUS TOKYOへ来日公演することとなった。

Will Sparksは10代という若いうちに音楽の世界へのめり込むと、自分の曲で人々をハッピーにさせたいという夢を持ち、これを叶えるためにとにかくスキルを磨いてきた実力派である。

数々のビックフェスに出演してきただけでなく代表曲の「Ah Yeah So What」で世界中にその名前を轟かせた。
「BRING IT BACK」、「Catch」などのトラックは常に上位ランクインされている。

2014年にオーストラリアの人気NO.1 DJに選ばれた後に、2015年に来日した際に日本で有数のラグジュアリーなナイトスポットとして有名な六本木V2 TOKYOでのプレイしたことも記憶に新しい。

彼の魅力はサウンドのみならず、迫力あるパフォーマンスと鍛え抜かれた肉体も必見!
音に合わせた大ジャンプなど全力アグレッシブなプレイが多くのファンのハートを熱くする。

夏直前に疾走感のある身体の芯まで響くビートは病みつきになること間違えなし。

Will Sparks - Ah Yeah So What (feat. Wiley & Elen Levon) [FULL VERSION]


Will Sparks & Maddix - Mangalam


Will Sparks & SCNDL - Tombstone


イベントタイトル Will Sparks +TOKYO
開催場所 銀座PLUS TOKYO
開催時間 2019年06月01日(土) 19:00 -
料金 DOOR(GENTS) 3500 ND
DOOR(LADIES) 3000 ND

ADV (GENTS) 3000
ADV (LADIES) 3000
iFLYER:“https://iflyer.tv/event/314735/
ゲスト アーティスト Will Sparks
ウィル・スパークス
イベント詳細 “Will Sparks +TOKYO”@ PLUS TOKYO



■ARTIST
Special Guest
・Will Sparks
Will Sparks Facebookから引用
Will Sparks(ウィル・スパークス) website Will Sparks(ウィル・スパークス) Wikipedia Will Sparks(ウィル・スパークス) twitter Will Sparks(ウィル・スパークス) FaceBook Will Sparks(ウィル・スパークス) instagram Will Sparks(ウィル・スパークス) Soundcloud Will Sparks(ウィル・スパークス) Youtube Will Sparks(ウィル・スパークス) spotify Will Sparks(ウィル・スパークス) beatport

Will Sparks(ウィル・スパークス) ・Biography
Will Sparks(ウィル・スパークス)はオーストラリア・メルボルン出身の1993年3月15日生まれで、そのクールでセクシーな容姿からバウンス界の王子と称される若手実力派DJ兼アーティスト。地元メルボルンの高校に通っていた彼は音楽の世界に目覚めスキルを磨くために中退し、その後プロを志し本格的なキャリアを積み重ねた。彼のヒットトラック「Ah Yeah So What」で急速に注目を集め、その後はアメリカ、ヨーロッパ、アジアでもツアーを重ねた。また、TomorrowWorld、Tomorrowland、Stereo Sonic、Future Music Festivalなど多数のビックフェスにも出演した。彼自身のレコードレーベル「BOURNE RECORDINGS」の制作も果たし、最近では名門「Spinin’Records」からもリリースを重ねている。日々、世界規模のレベルで進歩し着実に世界的なEDMシーンで活躍彼の活躍から目が離せない。


WILL SPARKS
   キャプション画像:Will Sparks Facebookから引用

GUEST

EVENT